駅近物件のメリットとデメリット

賃貸物件の中で、最も重要なポイントは、駅近であるかどうかだと言われています。たしかに、リモートで在宅勤務が可能な仕事でない限り、駅から遠い場所に住んだら通勤が大変になるでしょう。最寄り駅からの距離が徒歩20分以上となると、自転車で駅まで通うことが必要になります。自転車を駅の近くの駐輪場に預ける際には、駐輪料金を支払わなければなりません。自転車の盗難のリスクも負うことになります。徒歩10分以内の物件に人気があることは当然だと言えるでしょう。しかしながら、駅近であっても、線路や踏切に近いと、騒音に悩まされることもあるため、注意が必要です。線路や踏切の方に向いた窓にペアガラスなど防音対策が施されているか確認しましょう。

オール電化で快適な賃貸生活!?

IHの導入などにより、オール電化が進んだ物件も珍しくありません。オール電化なら、ガスコンロを使うことがなく、失火のリスクも抑えられるでしょう。エントランスも、オートロックによりセキュリティを確保できます。ただし、停電の際には、全ての電気製品が使えなくなってしまうので、バックアップを忘れてはいけません。冬場の暖房は、エアコンや電気ストーブに頼るだけでなく、石油ストーブやカセットガス暖房器具なども用意しておきましょう。また、ガス代を抑えられる代わりに、電気代が高額だと感じられることもあるかもしれません。その際には、電気料金の安い会社との契約を検討することをおすすめします。そして、オール電化は初期費用がかかるため、新築の物件の場合、家賃に反映されていることも考慮しましょう。

千歳の賃貸は、学生向けのリーズナブルでシンプルなつくりのところや、都市部へ通勤するビジネスマン向けの設備が優れているところまで色々あります。